与沢翼氏がNEM強盗事件でコインチェックや仮想通貨に持論を述べているのでまとめた件

2018年1月29日ニュース

ネットでは賛否両論あるお騒がせ男(秒速で億を稼ぐ男)与沢翼氏ですが、今回のNEM強奪事件に絡めて、twitterで持論を語っています。twitterはどうしても流れてしまうので、ここでちょっと纏めてみます。



与沢翼氏は仮想通貨で億を稼ぐ元ヤンチャ系

知らない人用に最低限の予備知識を超短縮でお伝えすると、まず与沢翼というカッコいい名前は偽名、もといビジネスネーム(芸名でもハンネでもいいけど)。どうでもいいか。

元々アパレル系のビジネスをやってて、その頃は頭はトサカ立っててヤンチャなイメージでしたが、急成長からの事業失敗>破産宣告。

そこからアフィリエイトで成り上がって、そのノウハウを教える高額塾を開講したら再現性がなくて炎上、からの国税が入って税金払えず、また破産。

この頃はすっかり太って与沢豚とか言われてましたね。

で、そこから海外に渡って、また成り上がり。その余剰資金を使って仮想通貨投資を始め、ここでもまた億を稼ぐ日々を送る。

かように人生の上下動が激しく行動が突き抜けているので、人によって評価は様々。

大抵の人は悪く言いますが、ただ本格的な犯罪行為はしてないし、何度失敗しても再起してくるのは事実です。

また仮想通貨のチャートよりも奥さんのおっぱいが好きとか、奥さんのかなりエロい写真を投稿したりとか、憎めない所も(性欲が極めて強いとかも、まあ正直に言いまくってて、良くも悪くも好きにやってる人ですね)。

そんな与沢翼氏ですが、twitterでの投稿は傾聴に値するものが多いと思います(思ったより紹介が長くなってしまった)。

今回のNEMの件でも、なるほど!と言う投稿を連発。では早速、氏の連続ツイートを見てみましょう。

私がコインチェックの社長でも出金停止だ!

ここまでは比較的一般的なコメントです。

私が、コインチェックの社長だったら同じように、円、コイン全ての出金を停止するな。取付騒ぎみたいになって実態を超えて行き過ぎることもあるし、銀行はそれで破たんするからな。一斉に現金引き出すことなんて想定されてない。一方でXEMのおっさんに連絡やwそして売買は早めに再開させた方がいい。

などは出金停止に踏み切った判断を評価していて、好感が持てます。そして時間を稼いで資金調達しなさいと。

コインチェックの記者会見を受けて点火モードに

キングダムで言えば、天下統一には多くの血が流れるもの。まだ屍と血が足りない。そして、念願叶い多くの犠牲を出していよいよ統一した後に、すぐに漢に滅ぼされたことも忘れてはならない。

厳しい!

取引所の運営が鬼のリスクということは、他の国内業者も安心はしていられないということか?

ただ、そのための金融庁の認可制でもあるわけで、日本と外国とでは同じように評価出来ない面もあると思います。



コインチェックが助かるには?

ここまでを軽く纏めると、

CCが助かるかどうかは、第一に、BTC含めたコインの顧客コイン保有残と自社コイン保有残の差。これが自社プラスならXEM以外はまず出金対応しても問題はない。しかしながらこれがプラスになっているとは考えがたい。

次に当然法定通貨JPYの預かり残とJPYの自社の実際の預かり残の差額の把握。法定通貨残高がプラスなら他の仮想通貨マイナス分を市場調達できる。法定通貨すらマイナスであった場合でもいくつかの方途があるがまずは新規入金を増やす以外ない。

ということになります。商売上、新規入金を増やすしかないというのは理解できます。

そして焦点はコインチェックの内情に!

ここは外から見ての推察なので、断定的な書き方にはなっていませんが、

「顧客から入金の管理が問題で、他の通貨不足を補うために使っていないか、ちゃんと分別して管理をしているか」がポイントということです。

実際には通常営業の手数料収入が莫大で、自己資金でNEMの払い戻しが可能になったようですが、資金管理については、まだ不透明のままではないかと思います。

この問題は、マクロの視点で見ることも必要

仮想通貨マーケットの運命は、CCにある。マーケット全体とまでは大げさに皆は考えていないかもしれないが、以上の理由から私にはそう見えている。なのでCCは、ブレーンを日本中から集め死ぬほど考え、最善の戦略を練って、この窮地を脱すべし。方法は常にある。見えていないだけ。

「方法は常にある。見えていないだけ」は、与沢翼氏が良く使うフレーズ。

また「仮想通貨マーケットの運命はコインチェックにある」というのは、管理人も同じ考えです。ここは本当に、将来への分水嶺となる、重要なポイントであると思います。



NEMはハードフォークしないと解決しない!

今回の盗難についてNEM財団がハードフォーク(ブロックチェーンを分岐させて過去の禍根を断つこと)をしないと明言した事について、それじゃ解決しない、ハードフォークさせるべき、と主張します。

ハードフォークについては、今後同様の事件が起きた時、そのたびにやっていては無秩序になってしまう懸念もあるかもしれません。

また財団がコメントしているように、今回の事件はコインチェック側のセキュリティの不備(多重署名の措置を取っていなかったこと)が大きいので、それに対する懲罰的な側面(他の取引所に対する無言のメッセージ)も考えられます。

そのため管理人としては、ハードフォークをしないというNEM財団の方針は支持できます。

世間の動きや反応に対する持論も

確かに、3億円事件は未だに語り継がれていて、それは犯人が捕まらなかったという面も大きいと思います。

今回もまだ捕まっていないし、このまま捕まらなければ、同じように語り継がれる可能性もありますが、3億円事件の方は(日本人が好きな)目に見える「現金」であったことも大きいと思っています。

目に見えない仮想通貨の場合、果たしてどこまで日本人の心理を捉えるか?(日本人は目に見えないものの価値を感知・測定できない)は疑問です。

めちゃコインチェック推しですね。まあ自分が使っているってことも大きいとは思いますけど。



だからコインチェックを応援しやがれ!

なんとなくかよ!

なぜコインチェックにそんな思い入れあるのと思うかもしれないがなんとなくだ。

なんとなく、です。

それにしても、これだけ愛されているっていうのはコインチェックしてみれば有り難い話。こうしたユーザーのために、引き続き誠実な対応をお願いしたいと思います。

なお最後は投資家の顔が炸裂の模様

結局、儲けた人が勝ちの巻。でした。




フォローすると記事の更新が分かります!

不測の事態に備えて、複数の取引所を利用するのがいいですね!

   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で